第22回 「おすすめソーイング用品」

≪アズマ・メールマガジン 22号≫

今回は、縫製現場での実用品でクロバー株式会社のおすすめ品をご案内いたします。

先の JISAM大阪2016 でもクロバー社ブースへ多くの方が訪れ、
即売で盛り上がっていました。
そちらが次の商品になります。

1. アイロンの かけ面の汚れを落とす!

【 アイロンクリーナー <リキッド> 】

  接着芯貼りなどの作業で、
  かけ面には汚れを手入れします。

? アイロンを低温(110℃)に設定して使用します。

   軽い汚れであれば、かけ面を熱しなくても落とすことができます。

? ペン先を汚れの部分に当てて液を塗り、こすります。

? アイロンが冷めないうちに乾いた布で落ちた汚れをと液を取ります。

? アイロンが冷めたら、再び乾いた布で、から拭きします。

・コーティングされかけた面にも、金属のかけ面にも使用できます。
・クリーナー特有の嫌な臭いがありません。

洗浄液を塗りやすい ペン型

・細かい繊維のフェルトチップで、
 こすりながら汚れを落とします。
・広い面にも、ピンポイント(スチーム穴の周りなど)にも、塗りやすいペン先形状。
 適量を出すことができるので、汚れに合わせて効率よくお手入れができます。
・手軽に使えるので、日々のお手入れにも。

   ※アイロンの上記穴に入った場合、
    スチームを噴出させて液が汚れを取ってください。
    布に汚れがつかない事を再度確認ください。

—————————————————

【 アイロン定規 <ロング> 】

長い直線や曲線の折り返しに便利になりました!

・すそ上げや三つ折りなど、布の折り返しを手早く簡単にできる 
 「アイロン定規」のロングタイプです。
・従来品よりも、長い直線を折り返すことができる 25cmの”長辺”と
 スカートの裾などの曲線の折嘉永二便利な”カーブ辺”をつくりました。

   ※アイロン定規はアイロン用の耐熱素材で出来ています。
     220℃までは対応しています。





<アイロン定規の使い方>

折り上げたい幅のラインに布端を合わせます。
定規の端で布を折り、折り目にアイロンをあてて
ください。

—————————————-

【 らくらく針ひろい <伸縮タイプ> 】

強力な磁石が入った伸縮する針ひろいです。
60cmの長さまで伸びるので、
床に落ちた針も、らくらく拾い集められます。

◆ キャップの着脱によって磁力の強さを変えられます。


—————————————–

【 リスト マグネット ピンクッション 】

人気のマグネットピンクッションに”リストタイプ”が新登場!

磁力の力で針をしっかりと保持する、
マグネットタイプのピンクッション。
手首への付け外しがスピーディーにできる
リストバンドがついています。


————————————————-

【 クラフト ルーペ 】

手元が大きく見えて
細かい作業が楽になる メガネタイプの拡大ルーペ

● メガネの上からも掛けられます

● レンズのはね上げができます。
    一時的に他のものを見るときにも便利

● レンズは傷がつきにくいハードコート加工

● 軽量でソフトな質感のフレーム
    ポリアミド樹脂「TR-90」を使用
    1.6倍レンズ装着時:約30g
    2.0倍レンズ装着時:約34g

資料請求、商品照会はご担当弊社営業窓口、
本メールへの返信でご下命ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アズマ株式会社
縫製研究室
鵜木 隆嘉
Tel 03-3865-4861 Fax 03-3865-8743

第21回 「JIAM 2016 OSAKA 見学レポート」

≪アズマ・メールマガジン 21号≫

JIAM 2016OSAKA (国際アパレル&繊維産業見本市)が
去る 2016年 4月6日(水)〜9日(土)の4日間、
インテックス大阪にて開催されました。

今回のJIAMは、デジタル化、自動化が革命的に進化した
縫製業界の転換期と言われるほどのミシン、機器が展示されていました。

生地の段差を押さえ棒センサー感知し、送りピッチを大きくする、スピードを下げる。

生地・ミシン糸にあった最適なテンション値を記録し、同じ素材や、
他のミシンでそのデータと同じ調整を再現できる。

運針数、縫い目の長さのデータからミシン調整を変えることができます。

カメラ画像から刺繍データをつくることもできます。

ロボットアームの先にミシンヘッドがついて、ミシンがシートなどの形にあわせて
動く(縫って)います。今まではミシンが固定で生地を動かして縫っていたものの逆の動きです。

JIAMセミナー IoTや、industry 4.0 で講演されていましたが、
いろいろなデータを寄り合って組み立てれば、
今まで考えてもできなかったことが、あらたにできる可能性、発展できるものと
受け止めてきました。
ミシン糸をはじめ各種資材の持てる数値を出し合いながら、業界貢献に
つとめて参ります。

4日間合計で、約15,000名の方が来場されました。
多くの方が同じように感じられたかと思います。
  ※海外の方が予想より多く、正直びっくりしました。

JIAM主催者特別企画セミナーの”接着・溶着技術の活用を提案”の資材を
弊社で提供させて頂きました。
その接着資材をご紹介いたします。

【展示品】 
1.簡単スワロフスキー接着器
   『イージークリスタル』

   

使用方法【YouTube】

参考動画URL
https://www.youtube.com/embed/ibQXu0ta73w
https://www.youtube.com/embed/BpCsEqFSNHQ

2.布用接着剤
   『コニシ 裁ほう上手』


     
     バッグ製作 PV動画

参考サイトURL
http://www.bond.co.jp/bond/special/saihou/

3.両面接着テープ
   『バイリーン EF-15 』

    接着条件等詳細はこちらから
       ↓
    http://www.vilene.co.jp/kensaku/v00009.html

終日、海外を始め多くの方々がお立ち寄り頂き、
あらたな可能性を知っていただけたかと思います。

展示会終了後も海外向け含め、商談を頂いております。


前後いたしますが、
セミナー講師をあらためてご紹介させて頂きます。

4月7日(木)11:00〜12:00に行われた同セミナー講師でいらっしゃます
日本モデリスト協会 特任委員 稲荷田 征氏は、数々の功績を湛えられ
昨年11月に厚生労働大臣より「卓越した技能者(現代の名工)」として
表彰されました。

”現代の名工”が伝授する新しい服作り-接着・溶着技術の活用を提案-は、
ミシン糸を使用せずに子供でも簡単に衣服が作れること、
ミシンを使わないことによる製造方法の従来では考えられない可能性を
大会唯一の実演セミナーとして 240名の方が見入っておりました。

なお、補足させて頂きますが、
ミシン糸を使わない資材、加工方法を研究することにより、
弊社の主力商品であるミシン糸を別の角度からみることができます。
ミシン糸の研究開発もあわせてすすめておりますので、
キンバミシン糸を引き続きご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アズマ株式会社
生産課 物流課 縫製研究室
鵜木 隆嘉
Tel 03-3865-4861 Fax 03-3865-8743