第3回 「下着縫製」

平素は、アズマ株式会社をご愛顧賜り、厚くお礼申し上げます。
縫製研究室メールマガジン担当の門脇と申します。縫製研究室では日頃お取り引きをさせていただいているお客様へ、さまざまな情報をお届けするメールサービスを発信しています。

第1,2号は「後加工とミシン糸の関わり」で発信させていただきましたが今回のテーマは「下着」です。下着といっても大きくランジェリー・ファンデーション・肌着に分かれます。特殊な分野であり、品質を保つために
独自の技術と縫製ノウハウを確立しています。先ずは、ランジェリー・ファンデーション・肌着の各意味を纏めてみました。上着(うわぎ)に対する語で、通常、上着の下につける衣類の総称としています。

着用目的によって?ファンデーションとよばれる補整着?ランジェリーとよばれる装飾下着?肌着の三種類に大きく分けられています。1970年代から下着類全般を総合的な総称としてボディ・ファッションというよび方に変わるようになりました。

?ファンデーション (foundation)
土台、基礎の意。体型を整え、美しいプロポーションをつくるためにつける、補整を目的とする基礎下着。あくまでも上につけるドレスのシルエットをよくすることが眼目、従って保健衛生のための肌着類や、ドレスの着こなしをよくするための中衣的なランジェリー類などとは目的を異にする。

?ランジェリー (lingerie 仏)
装飾性を高揚し、しかも柔らかい感覚の比較的嗜好(しこう)性に趣きをおく女性用の下着類一般、及び部屋着の総称である。ランジェリーというのは、元来、フランス語からきた言葉で、今や世界共通の用語となっている。

?肌着
主として健康衛生的の目的で肌に直接つける下着の総称。
たとえば、体温の保持または調節、あるいは皮膚に付着した汗やあかや汚れなどを吸収するなど清潔を保つことにつながる。(服飾辞典より)

〜・〜・ 下着  ・〜・〜

近頃、弊社の縫製研究室へストレッチ素材に対する検証依頼が多くなってきました。ストレッチ素材はその特徴をいかした縫製が重要です。そこで、伸びる素材をあたり前に対応している下着を思い浮かべ、下着縫製について取材した内容を纏めてみました。

?ブラジャー(brassiere)
乳房を支え胸の形を整えるファンデーション。ブラともいいます。
用途に応じて各種のデザインがある。ストラップがあり、後ろホック、ソフトカップのバンドブラジャーが一般的に用いられてますが、ストラップのないストラップレスブラジャー、ストラップの間隔が広いオフショルダーブラジャー、また下半身をすっきりさせるためにカップの下布がウェストライン近くまでいたロングラインブラジャー、カップの内側にパットが縫い込まれているパテットブラジャー、カップの間をVネック型にくくり下げたプランジングブラジャーなどがある。

?ガードル(girdle)
腹部から腰部の体型を整えるファンデーション。コルセットのように骨を用いず全体に弾性生地をいて身体の屈伸が自由に出来るようになっている。

?二面シャツ
首周りを二本環縫いにし、後首に月形の当て布をした半前割れの男子用シャツで長袖と半袖がある。前立てに額衿をつけてボタン付きになっている。

?コットンシャツ(cootton shirt)
平型織機(成型着)で編んだ成型肌着。名称はコットン式編着によって編まれたことに由来。形は二面シャツと同様で、ズボン下と組になっているものが多い。

?丸首、V首、U首シャツ(round-neck,V-neck,U-neck shirt)
最も一般的な男子用肌着で首周りの形状により分けられる。夏物はスライス編地、冬物は両面編地がく用いられている。

肌着 ニットの用途別製品解説

[][][][][][][][][] ファンデーション [][][][][][][][]
女子の体型を美しく整えるための下着の総称
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]
直接肌にまとうもので、皮膚の保温、吸湿、保護などを目的
[
バンドー型
二面シャツ
V首シャツ
パッテッド型ブランジング型オフショルダー型ロングライン型
ガードル
?ランニングシャツ(running shirt)
盛夏用の一般肌着で衿ぐりが深く袖なしで、スライス、両面、平織などの丸編ニット生地を用いる。
?ブリーフ(brief)
体にぴったりつく脚部のない前開きの男子ばき。
腰周りと股裾にゴム紐やゴムテープを用いて身体に密着するように縫製されている。
?腹巻
腹部に巻く保温帯。
?スリーマ(slimer)
女性用肌着の代表的なものでかぶり型のシャツ。衿ぐりは、U首、V首のものが多く、ラウンド・ネックの
下部にスリットをもうけ、ボタンなどで止めるものもある。
?シュミーズ(chemise)
肩からひざくらいまでを覆う女子用のゆるやかな肌着。
?パンティ(panty)
女子用下ばき総称。
?ショートパンティ(short panty)
脚部の無いパンティ。腰周りと股裾にゴム紐やゴムテープを用いて身体に密着するように縫製されている。
?スリップ(slip)
上衣のすぐ下に着るワンピース形の滑りのよいランジェリー。上衣の滑りをよくするためにまとう着丈の
長さまでの薄手の女子用下着。
?キャミソール(camisole)
上半身用のスリップ。スリップのウエストから上の部分の形をしていますが、トップへのヘムがチェストラインの
ところで直線的になっている点がややスリップと異なる。
?ペチコート(petticost, half slip)
スリップの下半身だけのもの。通常キャミソールと一緒に着用する事が多い。
?パニエ(panier)
スカートのふくらみを出すためのランジェラリー。フレアスカートなどの広がりを内側から支えるため、堅い張り
のある生地の上に薄地の生地をかぶせた物が多い。
一部の若い男性などが、肌着をつけずに直接ワイシャツなどを着用しているが、ワイシャツはもともと肌着であり、
その意味ではむしろ復古調と言える。また、和服用の肌着としては肌襦袢(こしじゅばん)がある・・・
★☆★☆ ひとり言 ★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆
   ★☆★☆★☆
スリーマ
パニエ
アイテム別に分けると縫目形式は以下のように使われている事が多いです。
1本針本縫いミシン本縫い千鳥ミシン扁平縫いミシン2本針オーバーロックミシン3本針インターロックミシン(仮止め等) (2〜3点) (2〜3本針)
ファンデーション縫製では縫目が直接肌に接する事から、着用での違和感が着心地に大きく左右されます。縫目はデザインや生地特性に合った構成で決定づけられ、それぞれの目的別と特徴から以下のように纏めてみました。(生地や糸調整でデーター通りにならない事がありますのでご了承ください)
※ 各縫製条件の縫目伸度は運針数により異なります。 
素材・糸・縫い機構

下着の生地は、天然素材の木綿が最適とされるが、他に、麻、ウール、化学繊維、及びそれらの混紡や交織交編ものが用いられている事が多い。体温保持、汗、あかの汚れ吸収を行い頻繁に洗濯をされる事から、形態安定や強度が強く、尚且つコストパフォーマンスが高いのがポリエステルです。縫目形式は下着の特徴から生地伸度に対し追従する環縫い(扁平、ロック)機構、さらに強度保持を生かした縫い方の本縫い(千鳥)機能が多く使われています。

◆ 本縫いミシン ◆
◆ 本縫い千鳥ミシン ◆
◆ 扁平縫いミシン ◆
◆ オーバーロックミシン ◆
◆ インターロックミシン ◆
本縫い機構
環縫い機構
◎ 一般的に使用される各部の縫製
※ デザインや仕様により条件が異なりますのでご了承ください。

下着縫製では縫製箇所がストレッチ生地に対する追従性を重要とし設計されています。着用することで直接肌に接し違和感を与えないような工夫や、肌への刺激も少なくすることが必要になってきます。一般的な布帛縫製では1本針本縫いミシンを基本として縫製を行います。しかし、下着縫製では千鳥シンや扁平ミシン、環縫いミシンを基本に使用することが多くなっています。
本縫い
千鳥縫い
扁平縫い
オーバーロック
インダーロック
ファンデーション縫製では比較的ナイロンフィラメントが多く使われています。
上記の理由から主に代表されるナイロン糸(ナイロン糸の特徴)
ナイロン特有の伸縮性があるため、縫製後の生地に対応しやすいです。(伸度約30%)下着縫製では比較的に使用される縫い糸は、綿・ポリエステルスパンが多い。また、ナイロンやポリエステルウーリーも環縫い機構などで使われる事が多いです。上記の理由から主に代表される縫い糸

◎ 各種スパン   番手構成 120/100/80/60/50/30/20/8
◎ 各種綿糸    番手構成 100/80/60/50/30/20/8
◎ 各種フィラメント 番手構成 120/90/80/60/50/40/30/20/10/8
◎ 各種ナイロンウーリー     番手構成 低伸度/高伸度
◎ 各種ポリエステルウーリー 番手構成 低伸度/高伸度

(スパン糸の特徴)
スパン糸は耐熱性が大きく縫製時のミシン針熱やアイロン熱に堪えられます。また、ミシンの高速化に伴い糸強度も要求され、更に価格対応をはかられるようになりポリエステルスパン糸が使用されています。

(綿糸の特徴)

(フィラメント糸の特徴)
絹糸に近い革命的な繊維として開発されたポリエステルミシン糸です。
糸の表面には光沢があり適度な伸度を持ち、絹糸に変わる高級ミシン糸として広い分野に使用されています。

(ウーリー糸の特徴)

このメルマガなどに対するご感想やご意見・ご要望をぜひお寄せください。
 

ミシン糸に付いて

◎ キングレジロン   番手構成 60/50       413色
◎ サタン         番手構成 60/50       82色/166色
ファンデーションの意味は『土台、基礎の意。体型を整え、美しいプロポーションをつくるためにつける、補整を目的とする基礎下着』である事から、縫い糸に対する要求は強度保持と伸度追従です。肌着の意味は『直接肌にまとうもので、皮膚の保温、吸湿、保護などを目的とします』の解説から、縫い糸に対する要求は肌に触れたときのソフト感や安定した可縫性とされています。

取材協力:
株式会社マツモトソゥイング 様
株式会社コーセル 様
滑脱(スリップ)による縫目ほつれを防ぐために縫目を締め付け、または、肌に直接触れた時にソフト感を与えます。綿は濡れても丈夫で弱くならず、むしろ湿潤時の方が強い。さらに、アルカリに強く洗濯や漂白がしやす
く、染色性が良いなどが上げられます。

      【マガジン通信先】
    発行 : アズマ株式会社
   東京都台東区小島2丁目1−1

第2回 「加工条件に適合したミシン糸」

= 加工内容と方法から =

各加工方法から目的を達成するための方法として薬品・洗濯機・温度の関係が深く関わることがわかりました。
図1は加工目的のための方法として中心的に影響する内容(薬品・洗濯機・温度)から加工別に位置づけました。

昨今、行われている加工は複合した加工方法が多く、技術的な進歩から加工別の位置づけが非常に難しくなっています。
図1は一般的な加工内容を基本に表にしてみました。

※表記内容は弊社独自で加工目的と評価を位置付けしました。一般的に評価基準の違いにより異なる場合が有ります。保証するのもでは有りません。ご了承いただきたくお願い申し上げます。

加工内容から各条件にに適合したミシン糸選定を行うことで、加工後に発生する問題を軽減すると考えます。
そこで、加工内容から各ミシン糸の影響と効果をまとめ、加工イメージと加工後の問題を軽減するべく加工別にミシン糸の特徴を纏めてみました。

= 製品加工の注意 =

製品加工の企画が増えている中で注意すべき点は、量産で品質のバラツキを少なくすることです。加工によっては生地が弱くなり問題が発生しやすく、あらかじめ仕上がり状態を想定した設計を行なうことが必要不可欠です。 必要事項としては製品の出来上がりイメージから縫製仕様、資材(芯地)といった仕様選定をすることが最も重要とし、依頼メーカー様は仕上がりイメージを的確に加工業者へ伝えることが最も重要です

◆ 加工状況(枚数、釜、時間、温度)による生地変化が大きいため、サンプルと量産製品に差が応じることがある。
◆ 大量の製品(数百枚)を一度に洗うために、可也の物理的作用を受ける事がある。
◆ 生地劣化し破れやすい。(特にバイオ・ブリーチ)
◆ タンブラー乾燥による生地の収縮やダメージがある。
◆ 加工方法によって付属などに化学変化が起こる場合がある。

※ 必要伝達事項
加工業者へは生地混率と共にミシン糸種別を的確に伝えることが重要で、加工後の事故最も最小限にする手段といえます。

 = ミシン針に付いて =

加工対応のミシン針は素材に合わせた形状を使用することが望ましいです。比較的、加工製品は綿素材(組成)が多いことから、最もミシン針に注意する必要があります。

基本的に綿は素材感が優れています。しかし強度が弱いことからミシン針で地糸にキズを付ける事が多々あります。 縫製後の外観からでは発見しにくいものですが、加工後(洗濯機使用)に素材が揉まれたり擦れたりする事で地糸切れを発覚する事故が後を絶ちません。

ここではポイント針のご紹介をさせていただきますが、一般的にニットやジャージで使用する針として認識していると思います。しかし、前述の理由より発生頻度が高い地糸切れ防止対策として効果が出ています。各種針の中から地糸切れ防止とされるポイント針を、いくつかご紹介させていただきます。

 = 各針形状 =

地糸切れに効果のある各針形状を紹介させていただきます。(図2)

針選定は図2表記のaとbが同等径にする事が基本です。

= 針形状と針先 =

※テーパー=相対する面が対称的に傾斜している円錐状の部分

【終わりに】
加工別にミシン糸やミシン針の特徴を理解することで、加工時に発生する問題を軽減することが目的です。皆様方が企画をする上で、参考にしていただければ幸いです。

第1回  加工種別の解説

製品加工とミシン糸は商品品質を保つために重要な
関係があります。
加工の特徴と目的を理解し適正なミシン糸や針選定を行なうことで品質安定に繋がると考えられます。

以下の資料は加工の目的と用途別に区分けすることで、加工からミシン糸の選定条件を導くために作成しました。

ワンウォッシュ = 製品の風合いとやわらかさがでる
バイオウォッシュ = 酵素が物質を分解する能力を利用して、繊維の風合い調整や表面処理などを行なう加工
ブリーチ = 生地色を抜き表情の変化をだす
ダメージ加工(ストーンウォッシュ) = 製品の古着感を出しアタリ感をだす
製品後染め(セルローズ再生繊維染色法) = 織物や編物生地に対し染色することで外観的価値を高める
プリーツ加工 = 布に耐久性のある折り目や襞(ひだ)をつける加工
シロセット加工 = 純毛のズボンやスカートなどの耐久性のある折り目をつける加工
皺(しわ)加工 = 布に皺を付与する加工

■【主な加工の種類と説明】

ワンウォッシュ 
   製品を水で洗ったもの。糊を落とし風合いを出す目的に使用。
   柔軟材や化学薬品(糊等)を落とし、残留縮率を少なくする事でサイズ安定を図ります。
   また、加工前の工程としても行なわれる。

2. バイオウォッシュ
   高温でなくても繊維の内部まで、収集の加工が出来る利点がある。
   生地をセルロース分解酵素(簡単に言うと生地を食べてしまう)で削げ落として古着感が有り
   少しの色落ちヌメリ感が出て風合いを柔らかくする。
   生地が脆弱(ぜいじゃく)化し弱くなる事があり注意が必要。

3. ストーンウォッシュ
   軽石やバレル石、プラスチック、多種多様の物を一緒に入れて洗い色を落としたり、
   洗いざらしや古着風にアレンジ出来る。
   近年は軽石に変わり人口セラミックや素材によってゴムボールも使用される事がある。

4. ブリーチ
   生地の色を抜き脱色する。
   中間色まで色落ちさせた状態をフェード、淡い色まで色落ちさせたものをブリーチと言う。

5. 製品後染め(セルローズ再生繊維染色法)
   織り上げられた綿の布は薄いベージュをしているが、合成繊維はそれよりやや白くなっている。
   また、糊が付いているためにごわごわして感触も良くない。染色工程とは、このように手を加えられ
   ていない未完成の織物や編物に色や模様を施すことで外観的価値を高めると共に着心地や感
   触的価値、耐久性などの使用価値を与るための加工工程。
5-1. オーバーダイ
   洗い加工後のジーンズをインディゴ以外で染める加工。色合いに深みが出る加工方法で
   着用後は自然褐色があり意外な変化を愉しめる染色方法。

6. 形態安定加工
   「プレキュア」と「ポストキュア」の加工があり、ポストキュアは繊維製品を縫製とプレス
   仕上げした後に、製品をハンガーにかけて形態安定加工を行います。従い、ミシン縫い目と    プレス後のプリーツ部分についても加工され、洗濯を繰り返してもパッカリング、プリーツにも   優れた耐久性を発揮します。

7. プリーツ加工
   加工方法には手加工法、マシーンプリーツ法、ハンドプリーツ法の3通りがありがあります。    また、プリーツの三大基本型として平型、箱型、アコーディオン型があり、これらを組み
   合わせることで様々な型が出来ます。

8. 防縮加工
   水洗いにより繊維同士が絡まり合いフェルト化して縮みやすいので、羊毛繊維表面を改質し   たり、繊維間を樹脂で結合して、繊維同士の絡まり合いを防ぐようにする
   セルロース系繊維では
   ?マーセリゼーション(※1)によって繊維構造の膨潤度を低下させる。
   ?繊維の非結晶部分に樹脂を固定もしくは架橋結合させ水による膨潤を防止する。
   ?サンフォライズド加工(※2)のように、織物の経方向に強制収縮を与え、濡れて膨潤しても収    縮しないようにする。
   ?羊毛の場合はフェルト収縮を防止するのが一般的。

9. シロセット加工
   羊毛繊維内部のシステム結合を還元剤によって解放し、
   生地に折り目を付けた状態で再結合させ永久セットを与える。
    CSIRO(オーストラリア連邦科学産業研究機構)が開発。

10. 皺(しわ)加工
   加工目的は独自の感性を重視したもの。合繊繊維の皺付け加工では板締め、袋詰め、
   箱詰め状態で熱水、蒸気、乾燥処理によって皺が固定する。綿織物の皺付け加工では
   アルカリ浴中で耐久性のあるランダム皺が固定できるが、通常の皺加工では耐久性を
   付与するために樹脂加工を併用する。また、液体アンモニア処理後、高圧熱水により
   固定する方法やニップ(挟み)ローラーによる物理的方法、タンブルドライヤー乾燥で
   自然な皺を発生する方法もある。

※1 綿糸または綿織物をテンションをかけず苛性ソーダによる処理(シルケット加工)
※2 デニム生地の収縮を解消するために考案され生地の段階で処置される。

これまでの特集例

アズマは、アパレルや縫製業界で発生した問題の解決に役立つご提案ができるように、独自の縫製研究室を設置し、「縫製を科学する」をテーマに活動を続けています。
研究のレベルもその活用の有用性も、お客さまとのコミュニケーションによって向上します。 情報の提供でお客様の課題が解決し、その事例を研究にフィードバックすることで、物づくりに重要とされる供給ノウハウの向上やアタッチメント・新商品・システムなどの開発に生かしていきます。

これまでの特集例:

地糸切れ対策 ( 32kb / PDF )
太糸の調整についての提案 (164kb / PDF )
太糸用ミシン針の提案 ( 48kb / PDF )