第34回  第一部「東北アパレル機器展」出展レポート

≪アズマ 縫製研究室 メールマガジン 第34号 第一部≫

今回は、弊社が出展した「東北アパレル機器展」のご報告をいたします。
展示会開催地は、東京駅から新幹線とバス使用で3時間弱のところにある岩手県滝沢市。岩手産業文化センター「アピオ」で開催されました。今回で43回目を数える歴史ある展示会です。
開  催  日:2019年6月22日(土)、23日(日)
出展者数: 45 社
来場者数:約1700 名(2日間)

多くの方々が弊社ブースにご来場いただき誠にありがとうございました。

アズマは「縫製工場という田んぼの水になる」をキャッチコピーに、縫製工場様へ、いろいろな縫製技術や社員教育などの情報(これが「水」です)をお届けすることを、このアパレル機器展を端緒として今期は活動をいたします。
そこにはアズマだけの力ではなく、諸先輩、パートナーのお力添えを頂き邁進します。
その端緒として、産学連携 文化ファッション大学院大学 名誉教授 現代の名工 稲荷田征様から、縫製相談コーナーを実施して頂きました。
ミシン保全・カスタマイズをミシン糸と関連して有限会社手嶋ミシン商会 手嶋一夫社長から、FA部材を使用した糸立てをたたき台として、TPS(トヨタ生産システム)思想を応用した”カラクリ”の提案をいたしました。


1. サーフ・アイロンの実演

稲荷田名誉教授が考案した船底型・目盛付アイロンです。

船底型になっているため、アイロンが服地の上をあたかも波に乗っているように軽く感じてスムースにアイロンがけすることができます。
割りアイロンのときに、アタリがでにくいです。
目盛にあわせてアイロンがけができます(感覚で行わずに、品質の安定と工程短縮化)。


2.返し縫い ダンゴ状態(糸のかたまり)対策の提案


返し縫いで糸のかたまりができます。
この”カタマリ”をダンゴ状態と言います。アイロンをかけてきれいにならないことがあります。

返し縫を”半クラッチ状態”にすることによって、ミシン糸がダンゴ状態になることや縫い解れを防ぎます。

 

ここに注目
返しレバーが消しゴムなどを活用して狙いの位置でとまり、
縫いを半クラッチ状態にしています。

 

3.8本糸立て 安全糸カット付
マスカスタマイズに対応。8種類の糸が準備できます。使ってない糸口が簡単に邪魔にならない工夫をしています。
こちらはユーザーの要望でつくったものです。動力を使わない”カラクリ”、その思想をとりいれてユーザーの要望を具現化しているのが手嶋ミシン商会さんです。
アズマの力強いパートナーです。


4.薄地と厚地服地の切り替え段差越え縫いの時に
縫い目が安定しない対処方法
薄地部分が厚地と同じ厚さ(高さ)になるように余生地を当てて縫ってみました。
それによって押さえ金と針板の厚みの間隔が同一になるので縫目調子が安定してに縫えました。

 

 

 

 

5.ストレッチ素材に適したミシン糸のご相談
伸縮性の大きい運動着の素材をお持ち頂いたユーザー様へ、その場でストレッチ対応のミシン糸を試縫いして頂きました。

 

 

他、衿やポケットフラップの小丸(角の部分)縫いのやり方の相談など、いろいろ稲荷田先生から問題解決の実演をして頂きました。

 

稲荷田先生の教え
「知識があって技術でものをつくる。その繰り返し。これが積み重なって”知恵”になる。知恵はお金を稼ぐ。お金をかける前に、その知恵を活かしましょう」と。
今回、稲荷田名誉教授、手嶋社長からお力添えを頂き、縫製工場の方々が、こんなにも問題をかかえ、知恵で問題解決できることをあらためて認識しました。
そのことは問題を一人ひとりが改善しようとする日本の縫製業の姿勢に躍進の可能性が秘めているものと感じました。
その縫製業の皆さまの一助になれるように、今日も田んぼの水のごとく、情報のあるところから、情報を欲しているところへ流れていくようにアズマは走りまわります。

 

【他の出展品、作業環境、合理化の提案品】
6.New ポイントマーカー機
【印付け作業の合理化】
ポケット位置やダーツ位置、その他の1着づつの面倒な印付けを積み重ねた裁断状態から一括でマーキング
手軽なハンドタイプ / 針揉み込みの半自動タイプ
各社メーカーCAMに取付可能なCAMユニットに加え今回、左画像のCAMユニットをテーブルに取付け、エアー駆動でパワーアップ致しました。
詳細は下記ホームページご確認下さい
http://www.akita-sanhousei.com/

 

7.身に着けると楽になる パワースーツ
『姿勢を正すと身体が変わる日々の作業を快適に』
【STAYS®】ステイは背骨に沿って支える2本のバー(カーボン製)の動きに腰回りのコルセットベルトが連動して腹圧を補助することにより体幹を安定して抗重力筋にはたらき 疲労や腰痛など身体的な負荷を軽減することを目的に開発されました。
サイズ S・SL・M・ML・L・XL
メイン生地ポリエステル81%(TECNOFINE)、ポリウレタン19%
別生地ポリエステル100%、ナイロン100%、ナイロン86%、ポリウレタン14%

 

8.省電力 冷風機

気化式冷風機(水冷式)、熱中症対策&職場環境改善の利用としてお考えしてみては如何でしょうか。
縫製工場様へはRKF406-100Vタイプが手ごろな大きさで提案しております。一番は、電気代が1日あたり35円程度で、22日稼働として770円ほどであります。
スポットクラーとは違う点として、排気がありませんので排気から暖かい排気は出ません。送風エリアはRKF406タイプで6m先の左右3mエリア内・オフタイマー搭載1・4・8時間で自動で停止する為。消し忘れ防止、節電に役立ちます。
RKF406サイズ・H1367xW550XD563
詳細は下記HPを確認ください。
https://www.shizuoka-seiki.co.jp/environment/20180310rkf406.html

 

9.計量器
例えば、品番ごとにボタンを数えたりする手間・ファスナーを1本1本数えたりする手間を、計りを利用して1回で指定した数を出すことが出来ます。
利用する事により、数える時間を削減でき違う仕事へ利用する事は如何でしょうか。
大型タッチパネルにより見やすく、作業がよりスムーズになりました。ラベルプリンターによりラベルの発行にて管理できます。
其の外、誤差も発生しにくい計数モードになっております。
詳細は、下記HPを確認下さい。
https://www.teraokaseiko.com/jp/products/PRD00323/

 

ご紹介した商品のご紹介、ご用命については最寄りの弊社営業担当または本メールへの返信やお電話でお気軽にお問い合わせください。

メール配信停止をご希望の方は、お手数をおかけいたしますが、
返信くださいますようお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アズマ株式会社 縫製研究室
鵜木 隆嘉
Tel 03-3861-7103
URL: http://www.azuma-jpn.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です